そのドライヤーのかけ方、本当に合ってる?

毎日お風呂上りに、そしてスタイリング時に、じつは結構頻繁に使っているのに惰性でつかってしまっていることもおおいのがドライヤー。
枝毛キレゲやべたつきなどが発生したら、まず疑ってしまうのがドライヤーのかけ方だったりもします。
そこで今回は、自信を持って人にお勧めできる(?!)正しいドライヤーのかけ方をご紹介します。

【お風呂上りのドライヤー】
お風呂上りには、まずボディを拭き取って洋服をみにつけたら、真っ先に髪の水分をそのバスタオルで拭き取ります。
そして歯の大きなあらい櫛で、全体の髪の根元から、もつれやからまりが無いように大きく解きほぐしていきます。
その後、「新しい別のバスタオルを用意」して、丁寧に髪の地肌から毛先まで指で揉みこんだり叩き込むようにして、水分をバスタオルに移しながらまずドライします。
髪の傷みの大敵が、水分によって毛髪が膨らむこと。そのため水分が残った状態から加熱で飛ばす水分量を、事前にできるだけ少なくしておくことがたいせつです。
その後、手とドライヤーで根元を中心に温風をあててドライ。ある程度根元が終わったら髪の真ん中あたりを中心に手とドライヤーでドライ。このときにあまり温度が上昇しないように冷風もあわせて、交互に使います。この動作で、ある程度毛先も水が乾いていきます。
またその後、ある程度乾いてきたら、毛先に向けて根元からブラッシングをしながら、毛先もドライしていきます。
髪に水分がのこっている間は、あまり頻繁にブラッシングしない事も基本です。

【スタイリング時のドライヤー】
全体にスタイリングと熱からの保護を兼ねた、スプレータイプなどのスタイリング剤をいきわたらせます。そして、すこし口径の小さ目のブラシを使いながら、しっかりと熱を加え、またくせ付けポイントでは「毛の温度が上昇したらすみやかに冷風を当てて一気に熱を奪うことで、髪を傷めず、効率の良いスタイリングを行います」。
ある程度強めに癖を付けたら、スタイリング時とは異なる、スタイル保持力が高い別タイプのスタイリング剤などをつかって、固定します。

いずれの行程でも、髪の温度上昇を少なく抑えること、温度が上昇したら、速やかに冷たい風で冷やすこと、また水分はできるだけ少なくしておくことが髪表面や内部の傷みからの予防の為には大切です。
とくに長い髪などで、ドライヤーによる時間や温度の負担が大きい人などでは、ドライヤーとあわせて、すぐに温度を下げるために、扇風機なども併用する人もあるほどです。
まずはタオルドライでの、全体の水分をできるだけ少なくしておくことで、ドライヤー時間を短縮させること・・・これが一番のポイントです。

そのドライヤーのかけ方、本当に合ってる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です